ペイロールテクノロジーを通じてデジタル改革をサポート

世界をリードするエンドツーエンドのITサービス企業として、DXC Technology(DXCテクノロジー)は顧客にとっての価値を創造するデジタル改革を進めています。プロセスに変化をもたらし、エンドユーザーの取り組み方が変わる改革を実現できれば、組織は大きく成長します。同社は、イノベーションやテクノロジーのパワーを駆使して、変化に基づいたエンドユーザーの発展を後押ししています。

DXC Technologyは、70ヵ国以上で事業を展開し、世界各国に170,000人以上の従業員を擁しています。そのうち1,300人がシンガポール、マレーシア、香港を拠点として活躍しています。これらの国におけるテクノロジーの需要を踏まえ、2011年、DXCは各国のペイロールを一元処理できるソリューション導入を目指してAscender(アセンダー)に協力を求めました。両社の提携によって以下のメリットが実現しました:

• ペイロール(給与計算)におけるエラーとコストを削減

• グローバルまたは新しい国への市場拡大をサポート

• ペイロールをグローバルで共有されるサービスに統合

ペイロールのコストやパフォーマンスをグローバルなビューで確認

プラットフォームの導入以降、DXC Technologyはシンガポール、マレーシア、香港事業所におけるペイロールをよりきめ細かに把握することができるようになりました。Ascender Pay(アセンダーペイ)による統一された報告システムを備え、DXCのペイロールデータはインターフェースから簡単にアクセスできるようになっています。従業員もペイロールセルフサービスから自分の給与明細にいつでもアクセスすることができます。また、経営陣も年度末の報告書を確認できるので、コストとパフォーマンスをグローバルに把握したいというニーズを満たすことができます。

Ascenderは、人的エラーを最小限に抑えるため、ナレッジセッションを行い、ペイロールシステムのトレーニングを提供するなど、DXC Technologyと協力してプロジェクトを進めてきました。質の高い文書管理と品質制御とともに、クラス最高のプロセスに対応し、プロセスに関するエラーも低減されています。

DXC Technologyの成功は、顧客からの信頼を基に築かれたものです。つまり、従業員を重視したケアを提供するサービスプロバイダーと提携することで得られた信頼であり、それが成功につながったと言えるでしょう。「Ascenderは、効率的かつ安全で、正確かつ機密性の高い方法でサービスを提供してくれます。つまり、法令を遵守し、ペイロール窃盗や詐欺のリスクからデータが保護されているという安心感が得られるのです」と、プロフェッショナル2ファイナンスのBalaii Chehalla(バライ・チェハラ)氏は語ります。DXC Technologyが継続してビジネスチャンスを掴み、優れた成果を出すことができるのは、Ascenderのきめ細かなサポートがあるからなのです。

 

メディアのお問合せ先:

シンガポールオフィス マーケティング部
hello@ascenderhcm.com
または
東京オフィス 営業部
tky.sales@ascenderhcm.com