ペイロールサービスのサポートを受け、グローバルなビジネスを展開

「繁栄」が意味するものは人によって違います。Proterra Investment Partnersにとって、それは投資を通じて天然資源セクターを発展させることです。Proterraは、2016年1月1日、独立プライベートエクイティファンドマネージャーとして設立されました。Cargill Inc(カーギル)傘下のBlack River Asset Managementを前身とするProterraは、農業、食品、金属、鉱業への投資を通じて、かつての親会社との関係を維持しています。

現在、ミネアポリス、ロンドン、ムンバイ、シンガポール、上海、シドニーで事業を展開しており、ブラジルに新事務所が開設されたばかりです。

Cargillによる融資引き下げ後、Proterraは他のペイロール関連企業に移るのではなく、Ascender(アセンダー)との継続的な関係維持を選択しました。「混乱を最小限に抑えるためにも、パートナー関係を維持したかったのです」と、Proterra社グローバルヒューマンリソース担当マネージングディレクターのNannette Kordus氏は語ります。

Ascenderは現在、Ascender Pay Asiaプラットフォームを使用した完全管理のペイロールおよび休暇管理サービスをProterraに提供しています。休暇管理はソリューションの一部で、総合的にプロセスを網羅するため、セルフサービス型から完全管理型への移行を実施している段階です。

企業から脱却して自立するプロセスは複雑ですが、ProterraはAscenderがシンガポールチームに提供する安定性に全幅の信頼を置いています。Nannette氏は、Ascenderのサービス、特にペイロールを処理するアウトソ―シングチームに非常に満足していると言います。「私のAscenderペイロール体験は、Irmaさんを通じたものでしたが、彼女は素晴らしい担当者で、彼女がいてくれたこと、また優れたサービスがあったからこそ、Ascenderとの強いつながりを保てているのだと思います。彼女は非常にレスポンスが早く、どんな時でも、タイミングを逃さず正確な回答を返してくれます。彼女の対応は素晴らしかったです。」

Proterraでは、HRのニーズに対応するため、Ascenderの他のサービス導入も検討しており、Ascenderは今後もProterraとの強固な関係を築いていくことを期待しています。

 

メディアのお問合せ先:

シンガポールオフィス マーケティング部
hello@ascenderhcm.com
または
東京オフィス 営業部
tky.sales@ascenderhcm.com