世界で3000万人が利用しているワークデイ。日本での採用企業が増加する中、ペイロールパートナーであるAscenderがWorkday Elevate Tokyo 2018に出展

 

2018年6月18日: Ascenderはこの度、7月10日東京にて開催されるWorkday Elevate Tokyo 2018にビジネスパートナーとして出展致します。

世界で3000万人が利用しているワークデイ。日本でも急速に採用企業が増え、昨今の働き方改革の真の意味を捉え、企業の取り組みに必要な基幹システムとしての価値が大きくフォーカスされています。アジア圏におけるペイロールサービスのリーダー企業の一つであるAscenderでは、国内外においてあらゆる業界企業に対しワークデイとペイロールの連携を行ってきました。日本における外資系企業からの需要は勿論のこと、国内企業からのニーズの増加傾向を踏まえ、新たに「コネクタ」による連携ソリューションの日本導入体制を急ピッチで進めてきました。

Workday Elevate Tokyo 2018当日、イベントの展示エリア(Workdayディスカバリーゾーン)において当社のコネクトによるワークデイとの連携に関する最新情報のほか、日本におけるサービス及びシステム、、海外展開企業様のペイロール支援などに関するご案内を予定しております。

Workday Elevate Tokyo 2018に関する情報

Ascenderについて: 2003年に設立されたAscenderは、SaaS、アウトソーシングを使った先進的な給与ソリューションを提供しています。独自のプラットフォームにより、リエンジニアリング、プロセス標準化および自動化、拡張給与ソリューションを必要とする非常に大規模で複雑な状況のお客様にもシームレスに対応できます。Ascenderはアジア太平洋地域の各国向けソリューション・プロバイダとしては業界最大手であり、レポート作成と複数言語・通貨機能を統合した給与計算処理に対応可能です。Ascenderの本社はオーストラリアにあり、800人の経験豊富な従業員が35か国でお客様企業と100万人以上の従業員にサービスを提供しています。

Ascender2015年に、Potentiaを筆頭としFive V Capitalも参加するコンソーシアムに買収されました。詳しくはascender.co.jpをご覧ください。

 

メディアのお問合せ先:

シンガポールオフィス マーケティング部
hello@ascenderhcm.com
または
東京オフィス 営業部
tky.sales@ascenderhcm.com